歌を歌うときはお腹で呼吸することが大切!

「歌が上手い人はみんな腹式呼吸をマスターしている」というのはボーカリストの世界ではもはや当たり前のような話になっていますよね。では、その腹式呼吸というのはいったいどんなもので、どうやったらマスターできるのでしょうか?そしてそれを歌うときにどのように使っていけばいいのでしょうか?

この記事ではそのような歌をうまく歌うために必要な腹式呼吸とはいったいどのようなものか、そして腹式呼吸を習得して、歌うときに使うための方法までを解説していきます。

まずは腹式呼吸を体験するところから

最初は腹式呼吸を体験してみましょう。こういった技術的なものは言葉で説明をされてもなかなか理解ができないかと思います。「腹式呼吸とはこういうもので、このような仕組みでこのように行います」と説明を受けるよりも、自分自身の体で体験する方が使いこなせるようになるのは間違いないですよね。

では、腹式呼吸はどのように体験すればいいでしょうか?その方法はたくさんありますが、まず、仰向けに横になってみると簡単に腹式呼吸ができると言われています。特に男性は睡眠時に多くの方が腹式呼吸になっているとも言われているので、一度横になったときの呼吸を意識してみましょう。

お腹が膨らんだり凹んだりしているのを感じませんか?それが腹式呼吸ということです。それを体が起きた状態で行えるようになれば、腹式呼吸はマスターしたと言っていいでしょう。

実際に歌うときに使ってみましょう!

歌を歌っていないときに腹式呼吸のやり方がわかったら、次に気になるのはもちろんその腹式呼吸をどのように歌うときに使っていけばいいのかということですよね。

腹式呼吸に慣れていない人が腹式呼吸を使って歌うときに困るのがタイミングという意見があります。どういうことかというと胸式呼吸(腹式ではなく、胸で呼吸する通常の呼吸)で歌うときはある程度自由に呼吸をしています。

しかし、新しい呼吸法である腹式呼吸を使い出すと困るのがいつ息を吸って、いつ息を履いたらいいのかということのようです。

そのため、腹式呼吸を練習するときは曲をまるまる1曲練習するのではなく、少しずつ分割して練習するという方法が有効のようです。そして少しずつタイミングを掴んできたら、それをつなぎ合わせて1曲を完成させましょう。

まとめ

今回の記事では腹式呼吸のやり方と、それを歌うときにどう実践するかということを説明してきました。

最初のうちは慣れないですが、歌をうまく歌うためにはとても重要なので、この記事を参考にぜひ練習してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です