歌のうまさと声量って関係あるの?

歌がうまい人には「音程が正確」「リズムの取り方がうまい」といった特徴がありますよね。しかし、実は「声量が大きい」という要素も歌のうまさにつながるのをみなさんはご存知でしょうか。歌を歌うのなら、やっぱりうまく歌えるようになりたいですよね。そこで今回は、「歌のうまさと声量がどう関係しているのか」、また「どうやったら声量を大きくすることができるのか」についてご紹介します。

歌のうまさと声量の関係って?

一説では、歌がうまい人には3つの要素がしっかり備わっていると言われています。それが「音程」「リズム」「声量」です。しかし、「音程とリズムは何となくわかっていたけど、声量の大きさまで関係していたの?」と思った方も中にはいらっしゃるでしょう。そこでまずは、なぜ声量が関係しているのかについてまとめていきたいと思います。

そもそも声量とは、声の大きさや強さを表したものです。その特徴は、音程や感情表現を行う際に支えとなってくれるところで、「声の力強さ」「安定した声」「声の持続性」などは声量の有無によってできるかどうかが決まります。

歌をうまく歌うためには、声を力強く出したり、安定して出したりする必要がありますよね。そうしたことから、歌のうまさと声量には関係性があると言うことができます。

どうやったら声量を大きくすることができる?

歌のうまさと声量の関係性について触れたところで、ではどうやったら声量を大きくすることができるか疑問に思いますよね。ここでは、その方法をご紹介したいと思います。

まず、声量を大きくする上で重要になるのは腹式呼吸です。息の量が多すぎたり、少なすぎたりすると声帯に良い影響を与えず、声量をコントロールすることが難しくなります。そこで腹式呼吸を行うと、体に余計な力を加えないで息を吸うことができますので、声量をコントロールし、大きくしていくこともできるようになるのです。

また、喉の使い方も重要になります。喉に力を入れすぎると、すぐに喉が潰れてしまったり、声がかすれてしまったりし、声量を大きくすることが難しくなります。そのため、喉の力は抜くようにし、喉が潰れたり、かすれたりしないよう工夫することが大切になります。それができるようになると、声をより通すことができ、声量を大きくすることにもつながります。

まとめ

声量があるかないかで歌のうまさは左右されます。声を力強く出せない、声を安定させられない、といったことも原因は声量にある可能性は高いです。しかし声量は、腹式呼吸をマスターしたり、喉の使い方に気をつけたりすることで大きくしていくことができますので、しっかりトレーニングに取り組み、歌を上達させていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です