歌で高音域を出したい!そのトレーニング方法とは

カラオケに行ったときに歌がうまいと言われる人の特徴はやっぱり高音域の歌をのびのびと力強く歌っている人ですよね。ポップスの中でも人気のある曲はサビなどに高音域があることが多く、そのあたりをうまく歌いこなしていきたいと思う方は多いのではないでしょうか。

では、どのように高音域を出せるようにトレーニングをすればいいのでしょうか?今回の記事ではそんなお悩みを抱える方に高音域を出すためのトレーニング方法をご紹介していきます。

高音域を出すために地声を鍛えよう

高音域を出すということを目標にしていると高音域を出すことを考えていればいいと思いがちですが、最初は地声を鍛えることをおすすめします。これはどうしてかというと、結局地声を出すのも、高音域を出すのも同じ喉と体です。

そしてその喉と体の基礎を鍛えることで高音域にもいい影響があります。基本を覚えることで応用ができるようになるというのは他のことと同じですね。そういう理由なので、高音域を出したいと思ったらまずは地声を鍛えることをおすすめします。

地声の鍛え方は、脱力をすること、腹式呼吸ができるようになること、喉(声帯)や体の使い方を覚えることなどたくさんありますが、ひとつずつできるようになっていきましょう。

地声を鍛えたらようやく裏声に

脱力や腹式呼吸、体の使い方を覚えて、地声の上手な出し方をマスターしたら、いよいよ次は高音域に近い裏声の練習です。裏声の練習をするときももちろん体の余計なところに力を入れない脱力や、腹式呼吸は重要です。

そして裏声の方では地声を出すときと同じかそれ以上に喉や体の使い方を意識するようにしましょう。とくに喉の使い方、そして脱力の仕方によって、しっかりとした声量、音程を保った裏声になるか、か細くて苦しそうな、無理をした裏声になるかが変わってきます。

せっかく地声で練習したことを裏声のときにも応用しながら、きれいな裏声をだせるようにしていきましょう。

まとめ

カラオケなどで高音域を上手に歌いたい!という方は多いと思いますが、高音域を出すために、まずは地声の練習をしましょう。地声をうまくだす方法を使うことで高音域もうまく出すことができるようになります。

まずは地声という基本を抑えることで、高音域の声という応用の声も出しやすくなるはずです。どちらも練習が必要なことは変わりがないので、なかなか難しいですが、練習を重ねてマスターしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です